”名古屋リフォームスタジオ”用語集 コーキング

リフォーム用語集




コーキング
「詰め物をする」ことを言いますが、具体的にはシーリングと同義で物と物の隙間(ジョイント部分)にコーキング材を充填する事を言います。 シーリングは水密性を目的としてますがコーキングは詰め物をする事を目的としています。 つまりシーリングとコーキングは名称と目的は違いますが作業内容は同じです。 同じ作業でもケースバイケースでシーリングと呼んだりコーキングと呼んだりしています。 両者の違いは微妙なのでシーリング施工職人でも違いを理解していないひとが多いようです。 材料は主にシリコン、変性シリコン、ウレタン、ポリサルファイドの4種類があり、用途によって使い分けます。 例えばシリコンは内装の水回りや備え付け家具と壁の間などに使われますが外壁に使用すると外壁が汚れてしまい、特に塗装壁に施工すると塗料をはじいてしまうので問題となり使えません。 クーラーや設備配管など設備系の仕事をしている職人は知識が乏しく間違った材料を使用しているケースもよく見受けられます。 リフォームにおいては水回りの最後の仕上げや外壁のパネルとパネルのジョイント部分などによく使われます。 
リフォームのコーキングのイメージ




NAGOYA REFORM STUDIO 

〒453-0057
愛知県名古屋市中村区稲葉地本通2-24

TEL 080-4842-6416
FAX 052-308-3399