”名古屋リフォームスタジオ”リフォーム用語集 外壁補修

リフォーム用語集


外壁補修

防水トップへ

外壁に塗装を施したり、タイルを張る際に下地の補修をする事を言います。 主なものはクラック補修(ひび割れ補修)、浮きの注入(エポキシ注入)、鉄筋の爆裂補修、欠損補修などに分類されます。 中でもひび割れ補修は量が多く、ひび割れの大きさによって自動式低圧注入や樹脂モルタルの刷り込み、Vカット補修などに分類されます 自動式低圧注入とはひび割れに沿って20cmピッチぐらいで注射器を取り付けひび割れを樹脂で塞いでから注入器に低粘度のエポキシ材を入れ輪ゴムなどの力によって注入していきます。 樹脂モルタルの刷り込みはひび割れにそってカチオン系樹脂モルタルを刷り込んでいきます。 Vカット補修は電動工具でひび割れを深くえぐり取ります。 その後清掃してからシーリング材を充填し、その上から樹脂モルタルを平滑に仕上がるように成形していきます。 鉄筋の爆裂補修においてはコンクリート又はモルタルの浮き部分をチゼルなどできれいに取り除きます。 その後、鉄筋の錆部分をワイヤブラシで擦りとりエポキシの錆止め兼用プライマーを塗布します。 プライマーが乾かないうちに樹脂モルタルにて平滑に仕上げます。 欠損補修も脆弱部分をチゼルなどで取り除いた後にプライマーを塗布して乾かないうちに樹脂モルタルで平滑に仕上げます。 浮き部分の注入はまずテストハンマーで打診検査を行い、浮きの場所の特定と範囲の特定をします。 その後コンクリート振動ドリルで穴をあけ特殊なハンドポンプでエポキシ接着剤を注入していきます。 注入の穴はコンクリートやモルタル部分で16穴/u、タイル部分で25穴/uであける仕様が主流となっています。 空けた穴は樹脂モルタル等で塞ぎます。 
 また、タイルほ補修も外壁補修に分類されます。 例えばコンクリートにひび割れが入っている場合にはその表面仕上げであるタイルにもひび割れが到達しています。 この場合まず該当する部分のタイルを斫り取ます。 その後コンクリート部分のひび割れ部に先述のVカット補修を施します。 樹脂モルタルが硬化したところでタイルを接着剤にて貼り付けていきます。 その後目地を詰めます。目地詰めをした後は必ず補修箇所が白ぼけて見えるので酸などの薬品でセメントのアルカリ成分を中和してクリーニングで仕上げます。 もしシーリングの目地などが絡む場所であれば最後にシーリングも必要となるわけですがほとんどの作業が湿式工法(材料が硬化する事により次の作業に進む工法)になってします事から少量の箇所でも4〜5日ほどかかってしまうケースが多々あります。 コンクリート構造物のリフォームにおいては必ずといっていいほど必要な作業となりますし、この作業を念入りに行う事で最終的な仕上がりがきれいになります。コンクリート構造物のリフォームをお考えの場合はお気軽に名古屋リフォームスタジオへご相談ください。



NAGOYA REFORM STUDIO 

〒453-0057
愛知県名古屋市中村区稲葉地本通2-24

TEL 080-4842-6416
FAX 052-308-3399