”名古屋リフォームスタジオ”リフォーム用語集 機械換気

リフォーム用語集


機械換気


機械による強制的な換気のこと。強制換気とも呼びます。吸気・排気両方、吸気のみ、排気のみに送風機を使うものの3種類があります。 換気は、室内の汚れた空気を新鮮な外気と入れ替えることですが、その効果は室内の空気が 1 時間に何回外気と入れ替わるかで表されることが多く、この回数を換気回数(回 / h)とい います。 また、入れ替わる空気の量を換気量(m3/ h)といいます。 換気は、室内に空気がある状態で汚れた空気を排出し、新鮮な外気と入れ替える必要があります。 また、この際できるだけ汚れた空気を排出するとともに、排出された空気が再度外気として 入ってくるのを防ぐ必要があります。 そこで、換気の計画をたてるためには、給気から排気に到る空気の流れ(換気経路)を考 えることが重要になります。 リフォームの際にも換気の事を考慮した計画が必要となります。
換気は、範囲に応じて「全般換気」と「局所換気」、換気方法によって「自然換気」と「機械換気」 に分けられます。また、「機械換気」の運転方法には「連続運転」と「間欠運転」があります。 シックハウス対策としての換気は、住宅全体について化学物質濃度を低下させるために、 「 全般換気 」、「 機械換気 」、「 連続運転 」 とする必要があります。 機械換気は、給気と排気の両方、またはどちらかにファンが必要ですが、その組み合わせに より「第 1 種換気」、「第 2 種換気」、「第 3 種換気」の 3 種類の方法に分類されます。

第 1 種換気設備は、給気と排気の両方をファンで行うものです。給気量と排気量を確実に 確保するには最も適しており、給気、排気の各々のファン能力の決め方により、室内の内部の 圧力を、周辺より高くしたり、低くしたりすることができます。
第 2 種換気 第 2 種換気設備は、給気ファンと排気口から成るものです。ファンで室内に給気し、押し 込まれた空気により室内の空気が排気口から自然に排出される換気システムです。気密性能の 低い住宅では、壁体内への湿気の侵入により内部結露発生の危険性があることや、給気ファン 近くの外壁から排気されてしまい給気ファンから遠い部分の換気が不十分となることがありま す。このため、気密性能の確保を図ることが前提となります。
第 3 種換気 第 3 種換気設備は、排気ファンと給気口から成るものです。トイレや台所など、臭気、熱気、 汚染空気が発生する場所に排気ファンを設置することにより、周辺への臭気、熱気、汚染空気 の拡散を防ぐ効果があります。 なお、外部よりも室内の気圧の方が低くなるため、天井裏や床下、及び壁内の空気が室内に 出てくる場合があります。そのため、居室との間に気密層や通気止めによる対策、建材による 対策又は天井裏の換気による対策が必要です。

リフォームの際にはこの3種類の換気設備を目的に応じて選び、効率よく働かせる計画が重要となってきます。




NAGOYA REFORM STUDIO 

〒453-0057
愛知県名古屋市中村区稲葉地本通2-24

TEL 080-4842-6416
FAX 052-308-3399